人間は常に体内で熱を作っています。体温が高くなると、血液が熱を身体の中心部から表面へと運び、皮膚から放散します。さらに、血液の中の水分から汗を作り出し、体外で蒸発させ、熱を下げようとします。ところが、血液の量が少ないと、これらの体温調節能(体温を調節する能力)が下がり、熱が身体の中にこもります、そのこもった状態が続くと・・・( ;゚─゚)ゴクリ

めまいや立ちくらみ、倦怠感(けんたいかん)や吐き気、頭痛などの身体症状として表れてくることがあります_:(´ཀ`」 ∠):

これが皆様ご存知のいわゆる『熱中症』ですねヒィィィ!!ε=ε=(ノ;゚Д゚)ノ

熱中症には気を付けていきたいところですが・・・・(。・ω・)ノ ‘`ィ

 

では熱中症を跳ね返す 暑さに強いカラダを作るにはどうすれば良いでしょう??((「゚д゚o)キョロキョロ( 「゚д゚))

それはこれまでも何度か本ブログでご紹介した暑さに対してカラダを適応させる『暑熱順化』と、今回のテーマでもある汗の原料となる血液を増やす『血流量増』を図ることが重要となります( ..)φメモメモ

この血液量を増やしていくために当施設がこの時期通常より多めに提供しているのが!!

ズバリ!!牛乳!!☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆

牛乳はナトリウムと糖、たんぱく質をバランス良く含んでいる。いわばスポーツドリンクに、筋肉の合成に必要な「たんぱく質」を加えたような飲料と言われております( *゚Д゚))フムフム

 

それでは皆さん!!

夏本番を迎える前に屋外で外気・日光を浴びながらの運動&あかしあ特性スペシャル牛乳・・・(雪印さん・・・( *・ω・)*_ _))ペコww)でしっかりとカラダを作っていきましょ~~~~~~゚+。゚(ノ`・Д・)ノオォオォ゚。+゚

※皆さん!!今年はコロナウィルス感染予防の為に常にマスク着用されている方が多いとは思いますが、マスク着用での運動時はマスクにより口腔内が保湿され、未着用時より喉が渇きにくく熱中症のリスクが増すと言われておりますのでくれぐれも普段以上にこまめな水分補給を心掛けましょう(人д`*)オネガイ


コメントは受け付けていません。

アーカイブ

  • 2020 (73)
  • 2019 (43)
  • 2018 (43)
  • 2017 (57)
  • 2016 (64)
  • 2015 (53)
  • 2014 (60)
  • 2013 (49)
  • 2012 (5)