昨日の夕刻、、ふと施設の屋上に上がりふと空を見上げてみるとそこには素敵な光景が( *´艸`)


 

 

 

 

 

雲の端から太陽の光が上の方へ綺麗に放出されています( *´艸`)

これは「薄明光線」(英語表記 crepuscular ray)と呼ばれ、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に見える現象です。 主に地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られ、美しい自然現象だとして、写真撮影への人気も高いそうです( *゚Д゚))フムフム

(薄明光線にはは別名が多数あり、一般的には”天使の梯子(はしご)”または””ヤコブの梯子”がよく知られている名称です。  天使の梯子、ヤコブの梯子という名称は、旧約聖書において”ヤコブ(イエスの使徒の一人で、使徒ヨハネの兄弟)”が夢の中で、雲の切れ間から差す光のような梯子が天から地上に伸び、そこを天使が上り下りしている光景を見たとされ、このことからやがて自然現象もそのように呼ばれるようになったようです。)
このような空を見ると、酷暑の夏からようやく秋へと季節が移り替わっていくのだなぁ・・・と(*´ω`*)シミジミ

さて!!

下ばかり見ずに上を向いて!!(・・・・足元の段差には要注意ですよ(。・ω・)ノ ‘`ィww)

今日も一日!!

一瞬一瞬を大切に!!( *゚ェ゚)9゙ファイトー!

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

アーカイブ

  • 2020 (171)
  • 2019 (43)
  • 2018 (43)
  • 2017 (57)
  • 2016 (64)
  • 2015 (53)
  • 2014 (60)
  • 2013 (49)
  • 2012 (5)