新型コロナウィルス対策について

余寒の候、皆様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2019年12月以降、中国湖北省武漢市で発生している新型コロナウイルス感染症について、国内でも関連する患者の発生が報告されています。インターネット上には、新型コロナウイルス感染症に係る様々な情報が流れており、日ごとに感染者数が増加している現状、風邪や季節性インフルエンザ対策同様に、咳エチケットや手洗い、自己免疫力の向上など、通常の感染対策を行うことが重要となって参ります。

現在、当施設におきましてはコロナウィルス含むその他感染症などへの罹患者はみられておりませんが、日ごろから最新情報の把握に努めるとともに、現時点で行える最大限の感染予防対策を講じて参る所存です。つきましては、当施設へご来苑の際には、お手数ではございますが事前にご連絡頂き、現状の確認及び来苑の可否についてご確認くださいますようご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

尚、現時点で、当施設への入苑をお断りさせて頂いております要件と致しましては、

①体温が37度以上の発熱のある方。

※発熱がなくても咳症状(喘息発作、花粉症症状以外)が顕著にみられる方はご遠慮ください。

②現時点で感染が発表されている地域にお住いの方。または直近2週間以内にその地域へ渡航歴がある方

③日頃から濃厚接触の環境下にある同居の家族などが①.②の状態及び状況の方。

④施設入り口に掲示してある入苑時の感染予防手順※1に従って頂けない方。

※1・・・主に入苑前の検温・手洗いなど

 

費用改定について

2019年10月1日からの消費税改定に伴い

入居月額利用料の一部や介護負担金が価格改定となります。

 

既に改定後の料金表示となっていますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

費用について

技能実習生の受入れ開始!!ようこそ日本へ!!(*’▽’) 

本日は、当施設の新しい仲間をご紹介させていただきます!(^^)!

この度ミャンマーから技能実習生として来てくれたこのお二人です(*´ω`*)

・・・・??

『まずその技能実習生とは何ぞや??』との質問が飛んできそうなので簡単にご説明を( ..)φメモメモ

技能実習生制度とは・・・

~~外国人技能実習制度は、1960年代後半頃から海外の現地法人などの社員教育として行われていた研修制度が評価され、これを原型として1993年に制度化されたものです。

技能実習制度の目的・趣旨は、我が国で培われた技能、技術又は知識(以下「技能等」という。)の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。

技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされ、技能等の修得は、技能実習計画に基づいて行われます。~~

 

要するに、限られた期間ではありますが、日本で働きながら専門的な技術や知識を学びに来られた方々という事ですね( `ー´)ノ

そしてこの度、9月26日より当施設でも2名の技能実習生さんを受け入れさせていただいたという事でご紹介させていただきます(*´ω`*)

ミャンマーから来られた

ピュ ダ ジン

さんと

ピェ ピョー ウェ サン

さんです(*’ω’*)

 

素敵な笑顔で場を明るくしてくれる二人、就業意欲もとても高く、私もしっかり頑張らないと!!と、とても良い刺激をいただいております(*´ω`*)

当施設にご来苑の際に見かけたときには気軽にお声掛け頂き、二人の成長を暖かく見守って頂ければと思います(*’ω’*)

異国の地で勤める事のプレッシャーや不安など、たくさんあるでしょうが、これから一緒にがんばろ~~~~~~~~~~(^^)/